L I N E で 簡 単 『 女 性 起 業 家 力 診 断 』

起業家さんが集客に悩まなくなる共感文章の書き方5つの秘訣

こんにちは、照屋です。

起業家さんの悩みの上位に上がるのが「集客」ですね〜

集客できなければ売れない、集客、集客と集客病の方が多い・・・(T_T)
でも実際に集客出来なければ売れないのは事実です。
しかしながら、どんなに集客できても売る商品に魅力がなければ売れません・・
セールスできなければ売れません・・
というのが本当の現実です。
売れる商品については別の記事でご紹介もしていますので、
今日は集客に悩まなくなる共感文章に書き方に
ついてお伝えします。

1,集客できる文章を書く秘訣(1)媒体

集客文章を書く時にあなたはどんな媒体を使って書きますか?

・ブログ
・フェイスブック
・インスタ
・Twitter
・公式ライン
・メルマガ
など様々な集客媒体がありますが、どの媒体を使い書くのかで
書き方が変わってきます。

文字数の制限のあるTwitterもあれば、そもそも長文は読まれにくいLINEなど
ブログなら1,000文字以上など、どのツールを使うのか?その上で考えた長さ、
文章表現を考えて書くようにしましょう。

そして、その媒体の選び方にも注意しましょう。

どんな媒体が自分の商品サービスを購入してくれる方が使っているのか?
そもそも自分の理想のお客様が使わない(見ない)媒体に時間を書けて
集客文章を投稿しても時間のムダ使いになってしまいます。

あなたの商品、サービスを必要としている人はどんな媒体を常に使っていますか?

2,集客できる文章を書く秘訣(2)タイトル(キャッチコピー)

なんといってもタイトル(キャッチコピー)は大切です。
タイトルだけ見てその先を読むかが判断されてしまいます。
どんなにいい文章を書いても先を読んでもらえなければ意味がありません。

しかしながら、一番難しいと感じるのがタイトル(キャッチコピー)なんです。

では読まれるタイトル(キャッチコピー)を作るにはどうすれば良いのかを考えてみましょう。

そもそもタイトルやキャッチコピーを考えるときに多いのが、商品のことを伝える「宣伝」
のようになっていることが多いんです。
それだと、お客様は「売られる」という感情になり逃げてしまいます。

では、どうすれば良いのか?

お客様が知りたいこと、欲しいことを伝えるという視点を変えてみてください。

あなたの商品やサービスが必要な人に

・気づいてもらうにほどんな言葉がいいのか?
・喜んでもらうにはどんな言葉がいいのか?

という視点から考えてみてください。

あなたの商品、サービスを必要としている人は、どんな言葉に反応して
どんな言葉だと、あなたの商品に興味を持ってくれるのでしょうか?

「あっ!それそれ」「これだ!」と思ってもらうにはどんなタイトル(キャッチコピー)
を付けると良いのかお客様の気持ちになって考えてみましょう!

集客できる文章を書く秘訣(3)ペルソナ

お客様の気持ちになる?難しい・・

と思う方のいるかもしれません。では、ペルソナを設定してみましょう!

これだと、なるほど〜とおもいますよね(笑)
私は1つの文章を書く時に毎回ペルソナを設定しています。

私の場合は、今日書いている記事は文章で集客したいけどうまくいかないと感じている
方がペルソナさんですが、別の記事では、セールスが苦手なペルソナさんだったりします。

このように、商品やサービスにより、ペルソナが違う場合は
それぞれの商品を必要としているペルソナさんを設定し、そのペルソナさんに向けて
記事書くようにしましょう。

それにより、格段に記事の質があがります!(*^_^*)

集客できる文章を書く秘訣(4)ゴール設定

文章を書くときはゴール設定をしましょう!

ゴール設定をすることで、文章からどのようにゴールに向かっていくのかが
見えてきます。
ただダラダラと言いたいこと書いたり、思いついたことを書くのではなく
その文章を読んだ人がどうなって欲しいのかを考えてみましょう。

集客文章なので、最終的にアクションを起こしてもらいたい訳ですから
そのアクションはどんなことでしょうか?
読み終わった後、その方にどんなアクションを起こして欲しいですか?

例えば
・メルマガ登録して欲しい
・セミナーへの参加申し込みをして欲しい
・次に繋がるランディングページをクリックして欲しい

などそのゴールに合った文章での誘導が必要になります。
そのゴールにいくとお客様にとって良いこと、嬉しいことは何ですか?

そこ辺りも考えて、ゴールにいくベネフィットを伝えるようにしましょう。

集客できる文章を書く秘訣(5)共感

いよいよ共感文章を書く方法ですが、共感する文章を書くことなんて
以前は私も考えたこともありせんでしたが、共感文章が書けるようになると
ファンが増えます。そうそう、なるほど、それそれ!
という風にどんどん読み進めてもらえるようになり、あなたが望むゴールへと
辿り着いてもらえます。

では、どうやって共感文章を書けばいいのか?

それは、読み手の裏の欲求を理解すること!
そうそう!なんでわかるの?

という文章は共感されて、親近感がわきます。

そのような文章を書くにはどうしたらいいのでしょうか?

そこでオススメしたいのが、「エンパシーライティング」

私も「エンパシーライティング」と出会ってからは
文章を書くことが好きになり、基本はエンパシーライティングの考え方が
いつもあるので、文章を書くことだけでなく、ビジネス自体に大きな変化が出ています♫

現在はエンパシーライティングのコーチとしての顔もあり
定期的に講座を開催しています。

理想のお客様を引き寄せる文章が書けるようになる
「エンパシーライティング」オンライン講座
興味のある方は詳しい情報を覗いてみてください!

まとめ

如何でしたか?
起業家には欠かせない、文章!
文章で何かを伝えることは今は必要不可欠です。
リアルでのビジネススタイルでも、オンラインでも動画でさえも
基本的に何を伝えるのかを考えて言葉を選びます。そこには簡単でも
台本が必要だったりします。その際にも文章が必要です。

エンパシーライティングで文章の書き方を学ぶと深いところまで
考えて書いていくことができるようになるので、集客する文章を書くことだけでなく
マーケティングへも繋がる考え方ができるようになります(^^)

この記事を読んで、「何を」「誰に」「何のために」伝えたいのか
しっかりと考えて、文章を書いてみてくださいね!

集客文章についてはコチラの記事もおすすめです。

無料動画 起業家力診断無料プレゼント!